【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

社食サービスでアレルギー対応食は用意できるのか?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/28

近年、話題を集めているのは社食サービスです。近隣に飲食店がない企業や、新たな働き方改革としてサービスを利用している企業もあります。ランチ難民や食物アレルギーの方などより個人に寄り添った形が可能となりました。

さまざまな勤務形態や社員に合わせた社食について詳しく見ていきましょう。

社食サービスについて詳しく知る

社食サービスとは、働く社員の食事タイムやより寛げる空間を向上させるための食事補助サービスです。これまでの社員食堂とはやや異なり、さまざまな形態に応じて利用することが可能になりました。たとえばより個人の都合に合わせて好きな時に好きなものを食べられる設置型、お弁当のデリバリーなどの社内販売です。

これ以外にもパンやお菓子など、軽食の設置型もあります。もし加盟店であった場合は、専用チケットを活用するとよりお得にランチを食べられます。社員ひとりひとりに寄り添った社食サービスは、時代のニーズに最適化したシステムです。企業が積極的に導入することにより、社員の健康管理や健康促進にも繋がります。

近年、少子高齢化による労働人口の減少も問題視されています。いかに働き手を確保して人材を定着させるかが大きな課題です。働く環境を整えること、その第一歩は生活の基本となる食への意識の高さが大切といえます。時代の変化に合わせてより柔軟性のあるスタイル重要となってきています。働き方改革の一環として利用するのもおすすめです。

社食サービスのメリットについて

社食サービスは、福利厚生の一環として導入している企業が増えています。近年、よりニーズを高めているのにはさまざまな理由があります。まず社員の健康管理をおこなえるというメリットです。

とくに一人暮らしなどの単身者、生活習慣病に陥りやすい中年世代への健康促進を促すことができます。これらのサービスには栄養管理士が監修しているので、バランスの良い食生活が可能になります。

また美味しい食事は、社員のモチベーションも上がります。会社で普段は顔を合わすことのない社員同士のコミュニケーション向上にも期待できます。なかには設置型の社食サービスだと、個人としての時間が優先されるため会話がなくなるのではという不安もあります。

しかし、それは真逆であり多様な食のサービスによってグレードアップした人間関係を築くことが可能です。食事という共通の話題を通して、ランチタイムの交流を設けてみるのもおすすめです。社員の満足度をさらに高めると離職率も減少します。あらたに就職や転職者などの人材確保にも優れたサービスとなっています。

社食サービスでのアレルギー対応について

社食サービスを利用するにあたって、懸念されているのはアレルギーがある方への対応です。

最近では、食物アレルギーへの認知度は高くなりつつあるので心配いりません。アレルギーの人も安心してサービスを受けることが可能です。おもに卵や牛乳、そばやエビ、小麦などの特定原材料7品目は商品の表示義務があります。そのため一目で確認することができるので危険を回避できます。

個人に対しての直接的な対応はおこなっていませんが、惣菜ごとに表示をチェックすれば問題はありません。それでも不安な方は、社食サービスを利用するまえにメニューを把握しておくと良いでしょう。企業によって導入するサービスは異なりますが、社食サービスは多様性があるので選択肢が広まります。

1週間単位で献立を知ることも可能なので、それぞれの体調に応じて利用するのもおすすめです。これまでアレルギーでランチに苦労されていた方も、栄養管理士が監修した食事でしたらより安心ではないでしょうか。企業側も導入するにあたってアンケートを実施するのもおすすめです。

社食サービスを利用するにあたって

最近ではさまざまな社食サービスが充実しており、ジャンルや形態も豊富なので選択肢も増えています。おもに大きく2つにわけますと、無人提供タイプと対面販売プランがあります。

この2種類を併用して導入している企業もあります。無人提供タイプは置き型の設置になるので人件費も掛かりません。より気軽に個人に応じることが可能なので、忙しい方にはとくにおすすめです。たとえば製菓会社が提供している社食サービスではお菓子やドリンクなどの軽食に特化しています。あらかじめBOXや冷蔵庫などの設置費用などは必要ありません。

対面販売は出張型のサービスになるので企業側のスペース確保は必要ありません。お昼時に温かい出来立ての食事を取れるのも大きな魅力です。これまで身近な場所に飲食店がなくランチ難民になっていた方には嬉しいサービスではないでしょうか。

企業のニーズや社員の働き方に合わせて利用するのがおすすめです。働く方ひとりひとりの声に応じて導入するのが成功のコツになります。時間の節約にもなるのでより効率的な仕事が可能になります。

社食サービスで重要なことについて

きちんとした昼食から気軽に食べられる軽食まで、実にさまざまなサービスがあります。数多くあるサービスの中から、社員全員の満足度を得るには利用者の声を重視しましょう。導入するにあたりまずは社員のランチ事情を把握してください。利用者の多い時間帯、想定される人数、社員が求めている食事など確認します。

さらに詳細としてメニューの品数やボリューム、栄養面バランス、カロリー、金額なども大切です。もちろん社員のアレルギー事情を把握するのも忘れないでください。企業側の規模に応じてサービスを選択することが重要です。

たとえば小規模の企業であれば、提供時間が定まったサービスプランがおすすめです。社員全員が同じものを食べることで共通の話題も生まれます。

自社の都合に合わせて曜日を決めてサービスを利用するのも大丈夫です。1週間のメリハリにも繋がるのではないでしょうか。ミーティングが多い企業は時間を問わずに利用できる設置型が有効的です。ランチや休憩時間だけではなく、残業時でも食事が取れるメリットがあります。

最先端の人気サービスを把握する

サービスには数多くの種類があり、定番ランチから変わり種などなどさまざまです。導入するにあたって利用している企業の口コミなど評価を参考にするのもおすすめです。

また周囲の飲食店の環境を把握しておくのも大切です。利用しているサービスを変更することも可能ですが、失敗を防ぐにはあらかじめランキングを確認してください。最新のサービスでは、他社と差別化を図っためずらしいランチが登場しています。健康志向高めの方におすすめなのは、季節の野菜や果物、ジュースを100円から購入できる設置型サービスです。

最先端のサービスにはWebアプリで宅配ランチの注文がおこなえる方法もあります。お値段もワンコインとお手頃です。決済は給与天引きも可能なので、忙しいときに支払いの手間も省けます。

なかには社員1名から利用できるバーチャル社員食堂なるものも登場しています。初期費用も固定費用なども一切かからない上に、コストも低く無駄がありません。最近では無人コンビニもあるので食料だけではなく日用品の購入も可能です。

 

社食のサービスには企業側に大きなメリットがあります。社員のニーズに応じて、あるいはアレルギーの方も対応食は用意されているので安心です。利用する際は、事前にアンケートで詳細を把握しておくとより円滑にサービスを受けることが可能です。ランキングサイトなどの声も参考になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧