【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

「導入したい」社食サービスとは?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/04/22

近年改めて注目されているのが社員食堂などの社食サービスで、従業員が最も期待している福利厚生には食事補助という意見が多くあります。

従業員に質の高い仕事をしてもらうよう、食についてさまざまな対応をしている企業が増えています。

 

食を充実させることで生産性が向上します

 

就業時間が長いので食事の時間をきちんととれなかったり、会社の周辺に食事できる場所がないなどの社員の意見は多く、特に忙しい職場にはありがちです。

ついついコンビニエンスストアで購入したりファーストフードなどに手が伸びがちになりますが、社員の健康を考慮すると何かしら対策する方が良いでしょう。

食が充実することによって生産性が向上したり、従業員の働きやすさへの向上にも繋がります。労働人口が減少していく中、人材の定着や離職率などの問題はどの会社においても大きな課題になっています。

従業員に選ばれる会社になるため、食事補助を充実することによって人材を定着することをサポートすることが可能です。コストやスペースの問題があったり、誰に相談すれば良いか分からないなど、担当者にはいろいろな課題があげられます。

社員食堂の導入する方法や、社員食堂以外にも福利厚生として利用できるいろいろな社食サービスが存在するので便利です。直営方式や準直営方式・外部委託方式などがあるので、会社の規模に応じてアレンジすることができます。

中にはケータリングやビュッフェで提供するおしゃれな形態もあります。

 

コミュニケーションを図ることができます

 

近年注目されている社食サービスには企業価値の向上や人材の定着、健康的な経営などが意識されています。

安いという価値はもちろん健康的な食事を提供することによって、社員の健康管理を目的にしたりコミュニケーションの活性化を図るために利用されています。

地域社会と連携することでブランドが向上するというメリットもあり、いろいろな目的から社食サービスに食の福利厚生を導入する会社が増加中です。

近年上司や部下・同僚たちとのコミュニケーションを目的にした社員食堂のニーズが増えてきていて、普段関わりがそれほどない社員同士でも食堂を利用することで知り合うことができます。

隣り合わせに座ることから自然とコミュニケーションを図ることができ、会話のきっかけなどが生まれるでしょう。社員食堂を会議室代わりに使っているところも多く、業務スペースとしてさまざまな活用が期待されています。

従業員の作業効率アップに繋げようといろいろな取り組みが行われていて、社員食堂は食事する空間だけではなく会議などのいろいろな用途や目的に応じて変化することができる多目的空間として活用することが可能です。

 

ながら食事を抑制することができます

 

社員食堂にはいろいろなメリットや効果があります。従業員から見たメリットや企業から見たメリットなどその種類は多岐にわたっています。

従業員から見たメリットとして、例えばエネルギーを補給することで仕事の効率をアップすることが可能です。栄養をきちんと補給することで、午後からの仕事を活力的に行えるようにしてくれます。忙しいスタッフの中にはコンビニエンスストアで購入したものや、パソコン・スマートフォンなどを見ながら食べる人も多くいるでしょう。

デスクでパソコンを見ていると消化能力を高めてくれる副交感神経が優位にならないので、効率良くエネルギーを補給することができません。時間を節約しているはずの食事が反対に非効率になっているケースが多くあるでしょう。

社員食堂を利用するといわゆる「ながら食事」を抑制することができたり、副交感神経が優位になりゆっくり食べることが可能です。

消化力を高めることによって、食事内容をエネルギー源に変化することに繋がるのです。お弁当を持ってきている人も社食と組み合わせたり、周囲の人と一緒に食事することで気持ちをリフレッシュすることができます。

 

休憩時間を有効的に活用できます

 

仕事と食事を切り分けたり、1日においてきちんとメリハリをつけることが可能です。仕事しながら食事をとると消化不良を招いたり、午後からの仕事における生産性が低下する可能性があります。

精神的にずっと仕事モードでいると身体はもちろん脳も疲れていくので、十分能力を発揮することが難しいでしょう。食事をする際はしっかり休み交感神経を休ませることが大切で、副交感神経を優位にすることは脳にとっても重要なことです。

きちんとメリハリをつけることで仕事への意識スイッチも切り替えることができ、効率良く業務を遂行することができます。食事する場所が近くになるのでお昼の休憩時間を有効的に活用することが可能です。

昼食するのに外に出ているとお店を見つけるまで10分~20分かかることがあります。休憩時間の内にお店探しや移動に時間をかけてしまうので、限られた貴重な時間を削ることになります。社員食堂があると社外に出る必要がなく、休憩時間を上手に活用することが可能です。

エネルギー補給をしながら脳や身体をしっかり休めることができるでしょう。

 

社員に健康的な食事を提供できます

 

社食サービスは従業員の健康管理や健康増進を期待することができるので便利です。

近年企業が従業員の健康を考慮するという健康経営が普及していて、その背景には人材不足が大きな悩みになっています。新規採用はもちろん既に自社において働いている従業員の労働力を保護することは、経営上重要になってきているからです。

健康的な身体を作るには栄養バランスの整った食事が必要になり、社食サービスを導入することで従業員の健康もきちんとサポートすることができます。

いろいろなサービスが存在しているので、宅配弁当サービスを利用したり簡易型社食サービスなどを取り入れている会社が多くあります。従業員の健康増進はもちろん、勤続年数の増加や人材定着などさまざまな効果を期待することができるでしょう。

 

社員の健康管理やPR効果もあります

 

従業員の満足度を向上するため、会社では住宅手当や割引制度といったサービスを提供していますが、中長期的な投資になると社員食堂といった食事補助は安定した効果を期待することができるでしょう。

従業員が満足する福利厚生と言うことができ、食の福利厚生は導入する価値のあるサービスと言えます。従業員から人気の高い福利厚生の一つで、自社の労働環境をアピールする材料にもなります。

社員食堂がきっかけでメディアに取り上げられている会社もあり、外部にアピールすることが可能です。新卒学生にとって企業にどんな福利厚生サービスが整っているのかに関して重視されるポイントになり、社員の健康管理はもちろん、PR効果も狙うのであれば検討してみる価値はあるでしょう。

例えば社員食堂を自社で運用する場合、どのような方式で進めていくのか企画する必要があります。どのくらいの規模で行ったりどのような雰囲気の食堂にするのかなど、イメージを決めることが大切です。

会社や規模などによってさまざまなスタイルがあり、すべて会社で運用するのか外部に委託するのか多岐にわたります。中には調理済みの食材を持ち込み、好きな時にボックスから取り出し食べるサービスなどもあり、従業員の要望や面積などを検討しながら自社に合ったスタイルを決めましょう。

 

社食サービスは注目されていて、食を充実することで生産性の向上に繋げることができます。従業員同士のコミュニケーションを図ることができ、休憩時間を有効的に活用することが可能です。従業員の健康管理や外部へのPR効果もあるので、さまざまなサービスを提供している会社が増えています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
社食サービス企業の口コミや評判