【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

社食サービス導入による社員の生産性への影響

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/08/28

社員食堂とは効率的にランチを提供するための施設であるということはもちろん、休憩所や社交場などの場として利用することが可能です。

近年企業体系や立地・業態などによらず、社員に対して平等に福利厚生を提供するということから、社食サービスを導入する企業が増加しています。

人材定着のために貢献している

社食サービスにはいろいろなメリットがあり、スタッフの食事時間や快適さなどを向上させるため食事補助サービスとして活用されています。

例えば好きな時にランチが食べられる設置型や、デリバリーや社内販売サービスなどの決まった時間においてオフィスでランチを食べられるサービスがあります。お菓子やパンなどの軽食を設置しているところも多く、専用チケットでお得にランチが利用することができるサービスなど様々です。

このようにスタッフの健康管理や健康増進、企業の健康経営などに注目が集まっていますが、この背景には労働人口の減少や少子高齢化といった要因があげられます。働き手の減少は問題視されていて、人材定着は企業にとって大きな課題です。いろいろな対策がとられていますが、働く環境や働きやすさの改善などに対して取り組む企業が増えています。

いろいろな改善策が行われていますが、注目が集まっているのは社員食堂の設立や食事補助などです。食に関する福利厚生の充実をはかっていて、それに伴う生産性の向上を繋げようとしています。社食サービスのような企業規模を問わず導入することができ、従業員の働き方に対応することができる柔軟性のあるスタイルに変化しています。

健康医療関係の福利厚生として利用できる

社食サービスはバリエーションが豊富で、企業の規模や業態などに関係せずに導入することができます。食堂のような場所を確保したり、中にはする必要もないので契約から導入までスピーディです。社員の反応が良くなければ内容によって契約サービスを変更することができ、いろいろなメニューを依頼することができます。

管理に関して契約企業に任せていることが多く、社食サービスに関しスタッフが業務負担で苦しむという心配もありません。会社をあげて食習慣の改善などに取り組むことができ、従業員の満足度を高めることはもちろん離職を防止することができたり、就活や転職などでやってくるスタッフにもこの企業で働いてみたいと思えるよう推進することが可能です。

社食サービスは健康医療関係の福利厚生として要件を満たすケースが高いので、福利厚生費で計上したり経費で申請することができます。企業が負担をしてまで食の福利厚生を行うことに関して、人材の定着や生産性を高める影響などが含まれています。優秀な人材を引き寄せるため先行投資に利用することができるでしょう。

コミュニケーションを深めることができる

就活生にとって働きたい企業の特徴として、コミュニケーションが密で一体感を求められるという意見が多く、コミュニケーションが希薄で個人の自由に任せるような企業はあまり人気がないようです。社会人についてコミュニケーションは重要ですが、信頼関係が十分に築けていないような上司と部下が仕事以外の話題を話すのはお互い少し躊躇することがあるかもしれません。

コミュニケーションを円滑にする目的として、社員食堂のニーズが生まれてきています。普段は関わりがそれほど深くない社員同士も食堂を利用することによって、席が隣り合わせになることから新しい会話のきっかけが生まれるかもしれません。食堂をミーティングスペースに利用したり、業務スペースに活用することができるので作業効率を上げることが可能です。

食堂は食事するスペースはもちろん、イベントなどに利用するなどのさまざまな用途や目的に合わせて活用することができます。おいしいランチを提供することによって、従業員の満足度を向上することができ生産性にも良い影響を与えることができます。

エネルギー補給で仕事の能率をアップ

おいしいランチを利用することによって、エネルギー補給で仕事の能率をアップすることができます。しっかり栄養を補給することで、午後から活力的に仕事を行うことが可能です。ランチを利用することは午後の仕事に向けて効率的なエネルギー補給になりますが、忙しい従業員の中にはコンビニエンスストアで買った商品を、パソコンやスマートフォンなどを見ながらデスクで昼食をとる人も多いです。

デスクでパソコンやスマートフォンなどを見て食事すると、消化能力を高めてくれる副交感神経が優位にならないので効率的にエネルギー補給することができません。時間を節約し食べているのに、かえって非効率になっているというケースがあります。

食堂を利用するとパソコンなどの画面を見ながら食事することを抑制することができ、副交感神経が優位にしリラックスしてランチをとることが可能です。消化力を高めることで、食べたものをエネルギー源にきちんと変えることに繋がります。食事し同僚と話すことで、ビジネスにおける新しいアイデアが浮かぶかもしれません。

メリハリをつけることが可能

仕事と食事を切り分けることで、メリハリをつけることが可能です。仕事をしながら食事をとると、消化不良を招いたり午後からの生産性などを低下させてしまうケースがあります。メンタル面に関してずっと仕事モードにあると、身体も脳も疲れてしまうことになるので十分なパフォーマンスを行うことが難しいかもしれません。

食事する際はきちんと休んで交感神経を休めることが重要で、副交感神経を優位にすることによって脳はもちろん身体にとっても良い影響を与えることができます。オンとオフを切り替えることによって、仕事に対する取り組み方や意識のスイッチを切り替えることができ効率的な業務を行うことができるでしょう。

ランチの時間に外でお店を見つける場合、1時間の休憩の内10~20分は移動したりお店探しに時間を費やすことがあります。限られた貴重な時間を削っていることになりますが、社員食堂があると社外に出掛ける必要もなく、休憩時間を最大限利用することが可能です。今までお店を探していた時間を昼寝に使ったり、読書するなどエネルギー補給をしながら頭や身体を休めることができます。

結果的に生産性を向上することができる

社食サービスを利用する際、企業側にもいろいろなメリットがあります。社員食堂を導入すると、社内コミュニケーションの活性化に役立つことが可能です。仕事中は同じ部署やデスクと近い人とした会話する機会がありません。デスクとは別の空間があると普段は接することのない人とのコミュニケーションが新たに生まれます。

小さなきっかけや会話から新しい仕事のアイデアが生まれることがあるでしょう。スタッフの健康管理や健康増進に効果的です。近年企業が従業員の健康に対して配慮するという健康経営の考え方が普及しています。その背景として企業において人材不足が悩みになっていて、新規の採用はもちろん自社にいる従業員の労働力を維持することが重要になってきているのです。

健康な身体を作る重要なことは栄養バランスの整った食事になります。しかし毎日栄養バランスの整った食事をとることはなかなか難しく、経済的にも厳しい面もあるでしょう。

社員食堂を導入することによって、従業員の健康管理に繋げることができ結果的に生産性を向上することが可能です。宅配弁当サービスや簡易型などいろいろな社食サービスがあるので、自社に合ったサービスを選択することができます。

 

社食サービスを導入する企業が増加していて、人材定着のために利用することができます。

福利厚生として利用することができ、従業員同士のコミュニケーションを深めることが可能です。エネルギー補給で仕事の能率をアップすることができ、結果的に生産性を向上することができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
社食サービス企業の口コミや評判