【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

社食サービス導入による従業員のメリット

従業員の健康のために社食サービスを取り入れている企業や、取入れを検討している企業が増えています。

このサービスを導入することによって、働いている人にとってどのようなメリットがあるのか、具体的にみていきたいと思います。

 

低料金でお腹いっぱいになる食事

 

職場の近くでお昼ごはんを食べようとすると、思ったよりも高くなる事が良くあります。

出来る限り安く食事をしようとすると、どうしても偏ったメニューになってしまったり、品数が少なくなるので、お腹いっぱい食べて満足することができません。

一般的に、お昼ごはんを食べてから、夕ご飯を食べるまでの間は時間がかなりあり、お昼ごはんの量が少ないとお腹が減りやすく、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、仕事に集中することができなくなったりしてしまいます。

集中力がなくなってしまうと、仕事でミスが起こってしまうかもしれません。 一方、社食サービスを提供している会社も多いので、安いメニューや、お手頃価格で食べることのできるメニューが多く揃っているところを利用すれば、食事代をかなり節約することができます。

ビュッフェ形式での提供もあり、このサービスを利用すると、安い値段でお腹いっぱいになれます。お腹が減って、集中力がなくなるようなことも起こらなくなります。仕事に集中することができ、仕事のミスを減らすことができるだけでなく、仕事の効率アップにもつながります。

 

会社から出ずに会社内で食べられる

 

お昼時は、食堂やレストランがいっぱいになって込み合うことが多く、外食で知らない人と相席になることがあります。

会社が多いわりにレストランなど食事ができる場所が少ない地域だと、ほぼ確実に相席になります。知らない人と食事をしたくない人にとっては、相席は出来るなら避けたいことです。

暑いときや寒いときに会社から外に出るのも、できれば出たくないものです。特に、足や身体を怪我しているときなどは、足をかばいながらの移動はとても大変です。

出来るだけ会社から出ないで、社内でできることは社内で済ませたいものです。

一方、社食サービスを利用していると、働いている会社内で食事をすることができるので、暑さ寒さを気にすることなくゆっくりとご飯を食べることができます。

怪我などで出歩くのが大変な人にも、とても有難いものです。特に脚に怪我をしているときは、社内を移動するだけでも大変なので、社内で食事をすることができるのなら、社内で食べるにこしたことはありません。

社食サービスを利用していると、会社内でゆっくりと食事ができるのがメリットの一つです。

 

お昼の休み時間を有効活用できる

 

食事のために外に食べに行くと、決められた時間までには、また自分の持ち場に戻ってこなければなりません。

会社の数が多く、レストランや食堂の数が少ない地域もあります。こういった地域だと、必ず時間までに戻って来ることができるように、待ち時間のない席の空いているレストランや食堂を探すのも大変です。

食堂まで時間をかけて移動し、食事に時間がかかり、会社に戻るまでにまた時間がかかり、会社に戻ってきたころにはもうほとんど午後からの仕事が始まる時間、ということもあります。

お昼にゆっくりとする時間がないことも多いです。 一方、社食サービスを利用すると、会社内で食事をすることができるので、移動時間を気にする必要がありません。

レストランや食堂までの往復の時間が全て休憩する時間に使えるので、ゆとりをもって過ごすことができます。余った時間は、午後からの仕事に備えてゆっくりと休憩することもできるし、午後からの仕事の準備などをすることにも使えます。

社食サービスを使った方が時間的な余裕が生まれるので、とてもありがたいサービスです。

 

栄養バランスが良い健康的な食事

 

お昼ごはんにかける時間を減らそうとしたり、食事にあまりお金をかけたくないためにコンビニや、ファーストフードなどを頻繁に利用していると、栄養が偏りがちになります。

栄養バランスを考えたお弁当を作るのにも手間がかかるし、お弁当を作る時間がない人もいます。きちんとレストランや食堂で食事をしていても好きな物ばかりを注文していたり、そもそも栄養のバランスがとれたメニューがなかったりするので健康的な昼食とは言えません。

外食中心だと、どうしても栄養が偏りがちになってしまいます。 一方、社食サービスの特徴の一つが「栄養士が考えたバランスのとれた健康的なメニュー」なので、このサービスを利用していると、栄養のバランスの整った健康的な食事ができます。

健康があってはじめて十分な仕事をすることができます。しっかり仕事をするためにも、毎日の食事に気を使うことはとても大事なことです。

自分でバランスのとれたお弁当を作る時間がない人にとって、社食サービスの健康的な食事は大変魅力的です。身体のことを考えるとこのサービスは有難いです。

 

社内コミュニケーションがとれる

 

社食サービスを利用するときは、社内の食堂などで食べることになります。

社内の今まで話したことのない人と隣同士で食事をすることもあります。この時、普段は会話をしない部署の従業員と話をすることがこのサービスを利用するメリットの一つとなります。

知っている人なら食事に誘い一緒にご飯を食べることもありますが、話したことがない相手だと誘わないものです。話したことのない相手でも、隣に座った人と会話をすることで社内コミュニケーションが良くなります。

相手が初めて話す人でも、同じ会社の従業員ですので何の問題もありません。食事のためにみんな集まっているのですから、リラックスした雰囲気で会話ができるのがメリットです。

食事の場だと、仕事をしている部屋では話にくいような他愛もないようなことでも気軽に話せますし、違う部署の人と話をすることで刺激を受けたり、新しいアイデアが生まれたりします。

従業員同士が親しくなり、自分の部署以外のことも考えるようになるので、会社全体の一体感が生まれやすくなります。話をしてお互いを知ることができるのが、社食サービスを利用するメリットです。

 

ご飯を一番おいしい状態で食べる

 

社食サービスの食事は、栄養士が考えたメニューなので栄養面で完璧なのはもちろんですが、冷たいものは冷たく、温かいものは温かく、さらに熱々の料理まであります。

一番おいしい状態で食べられるのも特徴の一つです。気の合った仕事仲間を誘って一緒に食事をするのも楽しいものです。

午前中の疲れを午後に持ち込まないためにも、ご飯を楽しく食べて昼からの仕事に備えることが出来るのは、社食サービスを利用するメリットです。日替わりで毎日違うメニューが楽しめる社食サービスもあります。

ビュッフェ形式の社食サービスもあり、みんなと和気あいあい、楽しみながら健康的な食事ができます。ビュッフェ形式だと自分で量を調節できるので、良く食べる人や、小食の人でも安心です。

人によってはどうしても食べられないものがありますが、ビュッフェ形式だと避けることができますし、自分が美味しいと思ったものをたくさん食べることもできます。 いつも同じような食事なのではなく、四季折々の季節感のある食事も楽しめたりするのも良いところの一つです。

 

社食サービスを利用することのメリットは、低料金でありながら栄養バランスの取れた健康的な食事を、食事によって一番おいしい状態で食べることができることです。

社内で食べるので、レストランまでの移動時間もかからないので時間を有効に使えます。従業員同士で会社内で食事をするので、話をする機会が増え会社の雰囲気もよくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧