【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

社食サービスの導入で会社への満足度が上がる理由

公開日:2019/05/01  最終更新日:2019/06/21

社食サービスは、それなりにコストや手間がかかってしまうため導入を躊躇している会社も多いでしょう。

しかし、社食は社員にとって満足度が高い福利厚生。ここでは満足度の高い理由について分かりやすく紹介していきます。

社食サービスは満足度を高める福利厚生

 

社食サービスは、社員に対する食事補助サービスであり、企業が導入する福利厚生の一つです。

そして社員にとっても、社食サービスは人気のある福利厚生として知られています。食事というのは毎日必ずとるものですし、それをどうするかということは案外重要な問題です。

会社は仕事をするために行くものですが、その合間にとる食事をおろそかにしていると、仕事にも支障をきたすことがあります。なので食事とは、社員個々人だけの問題ではなく、会社にとっても実は重要なことなのです。

しかし現在のところ、社食サービスを導入している企業は、全体の3分の1程度とされているため、多数派ではないというのが現状です。

もちろん、このサービスを導入するためにはコストがかかるため、躊躇してしまう企業も多いでしょう。ですが外部の業者へ委託するといった方法をとれば、コストを低く抑えることも可能なのです。

それにサービスはバリエーションが豊富なので、企業の規模に関わらず実施することが出来るとも言われています。さらにこのサービスは、社員からのニーズも高いため、導入することで、会社に対する満足度を高めることも可能になるということが言えるでしょう。

 

自分で食事を用意するより健康管理がしやすくなる

 

昼食などを取る際は、コンビニの弁当やパンなどで簡単に済ませてしまうという人も多いでしょう。

特に仕事に追われている場合は、食事をとる時間さえないという場合もあるかもしれません。しかしこうした昼食スタイルでは、とりあえずお腹を満たすことは出来ても、栄養バランスのとれた食事を行うことは難しいでしょう。

もちろんコンビニの食品でも、バランスを考慮したチョイスを行うことは可能ですが、毎回それを考えながら買い物をするのは手間がかかります。あるいは、外食をする場合は、比較的まともな食事をすることが可能かもしれませんが、自分の好きなものばかりを選びがちになってしまい、バランスが偏ってしまうことがあります。

また、バランスのとれた食事を提供するお店を選べばよいのですが、そのお店を毎回探すのも手間です。その点、社食サービスは、栄養バランスを考慮した食事が提供されているため、栄養が偏ることを防ぐことが出来ます。なので、こうした健康面への配慮も、社食サービスが社員の満足度を高める理由になっていると言えます。

 

仕事と食事にメリハリを持たせることが出来る

 

業務が多忙を極めると、パソコンなどで作業をしながら昼食をとってしまい、仕事と食事の切り分けが出来なくなるというケースもあります。

仕事熱心なのは結構なのですが、こうした食事の取り方をしても、効率的なエネルギー補給は出来ないと言われているのです。それは、作業をしながらだと消化能力を高めるための副交感神経が上手く働かないからであり、食べたものがエネルギーに変換されにくくなるからです。

その点、社食サービスがあれば、しっかりとした食事を落ち着いた状態で食べることが出来るため、効率的なエネルギー補給が出来るでしょう。さらに昼食というのは、単に栄養補給をするためではなく、気持ちをリラックスさせる効果もあります。

そして気持ちを切り替えることで、その後の業務の効率をアップさせることが出来るのです。しかし、作業をしながらの食事では、気持ちをリラックスさせたり切り替えたりといったことが出来なくなりますし、メンタル面にも支障をきたすことがあります。

そこで社食サービスがあると、心と身体の両面でメリハリを持たせることが出来るのです。

 

お店探しに休憩時間を削られずに済む

 

お昼の休憩時間は、一般的に1時間に設定されていますが、外食をしようとすると移動やお店探しに時間を取られてしまうことが多くなります。

あるいは、いろいろなお店で昼食をとることを楽しみにしている人もいるかもしれませんが、貴重なお昼休憩の時間が削られてしまうことに不満を持っている人も少なくないでしょう。例えば、移動やお店探しに20分かかってしまった場合は、休憩時間が1時間だと、実質的なお昼休みの時間は40分になってしまうのです。

そしてお店探しに手間取ってしまうと、さらに時間が削られて、お昼休みがほとんどなくなるという場合もあるでしょう。その点、社食サービスがあれば、移動時間は最小限で済みますし、当然のことながらお店探しに時間を取られることもありません。

会社が広い場合は、多少は移動に時間がかかることもありますが、外食に比べれば格段に時間を短縮することが可能です。

そのため、今まで無駄にしていた時間をお昼寝に使うことも出来ますし、それぞれの方法でリラックスタイムを充実させることで、午後の仕事に打ち込むことが出来ます。

 

昼食代を安く抑えることが出来る

 

昼食で何を食べるか選ぶとき、できるだけ安く抑えたいと考える人が多いと言われています。

そうしたこともあり、最近では比較的安い値段設定のお店も増えているのですが、それでも外食の場合は高くついてしまう傾向があると言えるでしょう。昼食というのは毎日のことなので、値段が高いものばかり食べていると、出費もかさんでしまいます。

しかし社食サービスの場合は、安く提供出来るため、毎日の昼食代を節約することが出来るのです。そして社食の場合は、ワンコイン500円を上限にすると、社員により利用してもらえるようになると言われています。

ただし値段が安くても、あまり美味しくないと不評を買ってしまい、利用してもらえなくなることもあるでしょう。そのため、外部に委託する場合は業者選びが重要になってきますし、選ぶ際は、味やメニューの豊富さなどもよく考慮する必要があります。

また、支払方法についても、毎回現金を支払うという一般的なもの以外にも、チケット制や給料天引きなどもあるので、そうした方法を採用すれば、より便利に利用してもらうことも可能です。

 

社員同士でコミュニケーションが取りやすくなる

 

社食には、社内のさまざまな人が集まるため、ランチタイムを利用した社員同士のコミュニケーションを取ることが出来ます。

このことは会社にとってメリットが大きいと言えますが、社員にとっても魅力的なものだと言えます。同じ部署であれば普段から話をすることも可能ですが、違う部署の人とはあまり話す機会がないという場合も多いでしょう。

しかし社食があれば、隣同士になった他部署の人と気軽に話すことも出来ますし、交流のきっかけを持つことも出来ます。そして、同じ部署の中だけでは気づかないような話題に触れることで、貴重な情報を得たり、刺激を受けることもあるでしょう。

こうしたことは、組織の活性化にも繋がりますし、社員個人も、業務に役立てることが出来るというメリットがあるのです。

さらに食事の時間というのは、リラックスした状態にあるため、普段話すことが少ない上司とも会話がしやすくなります。上司とは飲みの席でじっくり話す機会もありますが、社食であればわざわざそうした場に参加しなくても、日常的に話す機会を得ることが出来るのです。

 

社食サービスが社員にとって満足度が高い理由としては、健康管理がしやすくなることや、仕事と食事にメリハリをもたせられること、そして休憩時間を削られずに済むことが挙げられます。さらに、昼食代を安く出来ることや、社内でのコミュニケーションが取りやすくなるといった理由もあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
社食サービス企業の口コミや評判