【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

社食サービスでメニューに飽きない工夫とは?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/04/22

企業の福利厚生は時代と共に変わっており、近年では食事の福利厚生に力を入れる企業が増えています。

社食サービスで注目されているのが健康面に気を使ったメニューであり、低カロリーでありながら、十分に満足出来る内容になっています。

 

企業が社食サービスを導入するメリットとは

 

企業では人手不足が言われていますが、その人手不足を解消する為の工夫が福利厚生にも行われています。

社員食堂は従来従業員が食事を取るだけの場所と考えられていましたが、近年では男女の従業員がメタボや様々な生活習慣病などを気にするようになっており、カロリーの高いメニューを出来るだけ避けたいというニーズがあります。

また、昼休みに業務から少し解放されて、気分をリフレッシュする為の場所として、社員食堂が活用されています。 部屋の内装などは、落ち着くようなナチュラルな雰囲気の造りとなっていますので、昔の社食のイメージとはガラッと違った印象を抱くでしょう。

料理が充実している事で、社員のモチベーションを上げる事にも貢献する事が出来ますし、社外へ会社のアピールをしたい時に、アピールする一つの要素として活用する事が出来るかもしれません。

社食サービスは外部の専門会社に依頼して、運営をしてもらう仕組みにしている企業が増えてきています。 こうする事で、企業が自らコストをかける必要が無くなりますし、従業員に気に入ってもらえる内容を用意し易くなります。

 

従業員が飽きないようにするには

 

外部の社食サービスを活用する際には、どのサービスを利用するのかが重要になってきます。

会社によって得意分野が異なる事がありますし、味付けも異なります。 和洋中といった様々なジャンルの料理を取り扱っている事もありますので、社員のニーズに合わせて、サービスを導入する企業は外部の専門会社を選ばなければいけません。

また、内容を凝る事で従業員が飽きないようにする工夫も必要です。 社食は毎日使うサービスですので、会社から他の飲食店に通う時間的な手間を省けるようにしておく事で、効率的に休憩が出来る環境を整えられます。

食堂のサービスは、定食タイプの物からバイキング方式の物までバラエティーに富んでいます。 定食ですと、日替わり定食といった物を提供する事ができ、このような方式は昔から存在しますが、近年では健康志向というトレンドに沿って献立が作られる事が多く、より美味しく料理を食べられるようなメニューが用意されるようになっています。

バイキング方式の良いところは、従業員が自由におかずを選べる事でしょう。 それぞれの料理の栄養面などを考慮して作っておけば、高カロリーになる事がありません。

 

定食にするとセットで料理を提供出来る

 

定食は、とんかつや魚料理、うどんやラーメンなどをメインに、ごはんや小鉢に入ったおかず、味噌汁などの汁物、お漬物などがセットになっている事が多いです。

しかし、社食サービスを展開している専門会社では、季節に合わせて定食の内容を考えて、献立を開発しています。

ご飯や味噌汁を御代わり自由にしておきますと、働き盛りのサラリーマンの胃袋を満たせます。 定食メニューを提供する際に注目しておくべきポイントは、日替わり定食がマンネリにならないようにする事です。

社食サービスを展開している会社の中には、多彩な献立を開発している事がありますので、サービスを導入する事を検討している企業は、献立の豊富さを売りにし、味も満足出来る物を提供出来ているサービス会社と契約をすると良いでしょう。

食堂を利用する従業員にとって、定食の良いところは、バイキングとは違ってどれを食べようかと考える必要が無く、気軽に注文出来る点にあります。 地産地消を売りにしている会社のサービスを導入しますと、地元の食材を使った料理を楽しめます。地元の食材が好きな人々にとっては良いサービスです。

 

バイキング方式のサービスのメリットとは

 

定食とは違って、食堂の利用者が食べたい物を好きなように選んでいく事が出来るバイキング方式は、街の様々なお店でも導入されています。

社食サービスの場合は、栄養バランスを考慮したバイキングの料理メニューを用意する事が出来ます。 バイキング方式でサービスを提供しますと、利用者には、その日提供される複数のおかずから自分が好きな物を選べるのが利点であり、食べる量を調整する事が可能です。

社食サービスとの相性が良く、料理を提供する側としても、組み合わせを自由に考えられますので、定食に比べて日替わりで色々なおかずを提供する事ができ、利用者の満足度を満たせます。

利用者は、食べる量を日々変える事が出来ますので、生活習慣病が将来的に気になるといった人々にとってはバイキング方式を活用する事で、自分で健康管理をするといった事もでき、毎日複数の料理が変わっていきますので、飽きる事も少ないです。

サービスを導入している企業にとっては、会社の目玉に出来ますし、従業員も日々のモチベーションを保てるでしょう。 活力としてサービスを導入するのであれば、バイキング方式は面白い選択肢と言えます。

 

社食のサービス会社選びは導入実績を重視するのも良い

 

社食のサービス会社を選ぶ際には、様々な企業が導入している実績が多い会社を選ぶのが安心です。

多くの企業がサービスを利用しているという事は、多くの人々のニーズに対応出来ているという事でもありますので、充実した社食サービスを導入したい企業にとっては利用価値が高いでしょう。

導入実績が多いサービス会社の公式サイトやパンフレットなどを確認しますと、導入をした企業のサービスを利用した感想が掲載されている事がありますので、どのようなものであるのかを知るキッカケになります。

メニューの確認をする事も出来ますので、導入実績を確認するだけでなく、パンフレットや公式サイトに掲載されている内容に一度目を通しておく事は大切です。 人材不足や人材流出を喰いとめる手段の一つとして、福利厚生の改善が行われていますが、社食サービスは福利厚生を充実させるには効果的です。

料理の種類が豊富であれば、従業員は飽きる事無く、食堂を利用してくれますので、休憩時間に従業員同士がコミュニケーションを取る場としても活用出来るのでメリットは高いでしょう。

 

デリバリーしてくれるサービスも存在している

 

定食やバイキング方式はキッチンスペースがある食堂で主に導入されていますが、そのようなキッチンスペースが無い場合には、他の方法で社食サービスを導入する事が出来ます。

専門会社で用意しているのが弁当スタイルでのデリバリー方式です。 メニューは豊富ですが、オフィスが狭かったり、食堂が食べるだけのスペースしか無かったりした場合は、このデリバリーを利用した方が便利でしょう。

栄養バランスを考慮して作られていて、メニューも豊富ですので、利用者の好みの料理を購入・注文する事が出来ます。 デリバリー方式のメリットは、スペースが狭い場所でも食べるスペースさえあれば、毎日日替わりで料理を食べられ、サービス会社が指定の時間に配達してくれる点です。

バイキングや定食のように、量を調節したり、お代わりをしたりといった事は出来ませんが、豊富なメニューから選べますので、従業員にとっても飽きる事がありません。 社食サービスの種類はいくつか用意されていますが、企業の事情に応じて利用する会社を選ぶと、福利厚生としての社食が充実します。

 

企業が社員食堂サービスを導入する事で、企業の付加価値を高める事が出来ます。 従業員に飽きられない工夫としては、栄養が豊富である事や美味しく食べられる事、食べて満足出来る事です。 充実した食堂になっていますと、毎日食堂で食べても飽きる事はないでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
社食サービス企業の口コミや評判