【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

社食サービス業者の人気の理由を知って導入時に活かそう

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/06/21

企業には社食のサービスを行なっている会社がたくさんあります。

今は初期費用が、ゼロ円から始めることができる社食サービス業者が出てきていています。

福利厚生の一部として、導入を考えている方も多いのではないでしょうか。

 

社食サービスの導入の目的とは何か

 

近年注目されている社食サービスはどのような目的があるかというと、まずは社員の健康増進や維持になります。

昼食時に外食をすることは塩分の取りすぎで、毎日繰り返していると蓄積されて肥満の原因にもなりかねません。社食を利用すると栄養面のバランスも考えられていて、栄養を取りすぎを防止できます。

外食やコンビニなどで買った弁当を食べていて、肥満だけで抑えることができればよいですが、一定を超えると大きな病気にかかってしまい仕事に影響が出てしまいます。社食で社員の栄養を管理するのも会社の大切な役割になってきます。

社食を利用するといいことは他にもあって、コミュニケーションが活性化されることです。一緒にお昼を食べることで、仕事の間には話せないこともゆっくり話すことができて、相手を知るきっかけにもなります。

日常の会話をしっかりできていると、仕事で何か相談したい時にも言いやすくなり、仕事がスムーズに進みます。たまたま社食で隣の席になり自然に話すようになり、会話のきっかけが生まれることもあります。ミーティングのスペースに利用することもあり、食べる以外にも様々な用途で使用されています。

 

社食サービスの利用で会社側にもメリットが

 

どんなに優秀な人材がいたとしても、休憩や食事をしっかり摂らなければいい仕事はできません。

お昼にはしっかりと栄養のある社食で、おいしいご飯を食べることが午後からの仕事への活力になります。お昼休みになってもパソコンを見ながら、食事をしている人を見かけたことがある人も多いでしょう。

しかしデスクで携帯やパソコンを見ながら食事を摂ることは、消化に良くなく効率的なエネルギーが補給されないとされています。せっかく食事の時間を削って仕事を行なっても、意味がなくなってしまいます。

社食があれば、そういった行動の抑制に繋がりゆっくりと食事ができます。消化力を高めてエネルギーに変えることになります。

オンとオフを切り替えることで、仕事に対する意識のスイッチも切り替わりダラダラすることなく効率的に業務をこなす期待が望めます。

いい考えも出てきやすくなり、仕事が効率よく行われるのは会社側にとっては大きなメリットであります。このような点が社食サービスの人気な理由になります。ただのお昼と考えしまいがちですがなかなか侮ることはできません。

 

社食サービスで人材の確保が可能になる

 

バランスのとれた食事は健康の増進に繋がります。

現代の世の中では人手不足が深刻な悩みになっています。新規採用よりも前から働いている人の労働力を守ることは、経営する上で重要です。

そこで社員を守るものの一番の要は食事となってくるでしょう。独身の方にとってはなかなかバランスのよい食事を仕事をしながら考えて、作るのは大変になります。

それなりにお金もかかってしまうためどうしてもすぐにお腹を満たすことができる、炭水化物に偏ってしまいがちです。社食はコンビニや外食と比べても安価で抑えられていることが多く、低価格でバランスの良い給食のような存在になります。

働いている人にとっては一番の福利厚生と言えます。働きやすい環境は勤続年数の増加や離職率の低下に繋がり人材の定着などの効果を見込めるのです。

新規採用時にもアピールポイントになり、社食の福利厚生サービスは新卒の学生が会社を選ぶ際にとても重要なポイントになってきています。よい労働環境をアピールすることにも役に立って、良い人材を手にすることが可能になるというわけです。

 

社食は社員の休憩時間の確保になる

 

昼休み時間は限られています。外食へ行くにも店を探す時間や店までの時間も、もちろん含まれています。

食べるのに早くても10分はかかるとすると食事が終わったら残り30分しか休憩がなくなってしまう計算になります。外食している人にとってほぼ食べるだけで終わってしまうのが現実です。

しかし社食食堂であれば、同じビルの違う階まで行くだけでよいため、時間の短縮に繋がります。今まで移動時間に使っていた時間を、ゆっくりすることに使えて時間を有効に活用できるのです。

温かくて栄養たっぷりの社食は満足度が上がり、社食という福利厚生サービスは導入価値のあるサービスといえるでしょう。少し休憩をしたい時にも食堂を利用して、オフィスでコーヒーを飲むのでは仕事から頭が離れに場合にも有効になり、仕事とは関係のない違うところで頭や体を一度休めることが良い効果をもたらされると言われています。

大切な休憩時間を、社員に少しでもしっかり休んでもらいたいという考えをお持ちの方は社食を用意するだけで、会社の雰囲気がずいぶん変わってくるでしょう。休憩時間確保になる点も人気な理由になります。

 

自分の会社に合った社食を提供できる

 

社食の数や会社の規模はさまざまです。

社員食堂というと大きな場所があって、カウンターで注文して食べるというのを想像される方も多いのではないでしょうか。

今はそのような場合だけではなく、会社によって様々なスタイルを選ぶことができます。直営方式といって、企業で調理師や栄養士、調理補助のスタッフを雇用して、会社事業の一環として社員食堂を管理する方法があります。

これがみなさんもご存知一般的な食堂になるでしょう。外部の業者に管理してもらえるものも出てきています。大規模な施設がなくて心配という方には、流し台があれば提供可能なケータリングやブッフェ形式といって好きな料理を好みな量だけ選ぶことができる形態もあります。

規模が小さい会社の場合は外部からの弁当を配達してもらって社員に提供するとい形式もあり様々です。食堂施設を開くにはもちろんお金もかかってしまいますから、資金をかけずに社員に福利厚生を行いたい場合には助かるサービスです。

ケータリングの場合にはデスク以外に休憩できる場所を少し用意できると、なおよいとされています。

 

ユニークな社員食堂がアピールポイントに

 

今やSNSやテレビで社員食堂や会社の環境が取り上げられると、すぐに話題になる時代になりました。

社員の1人がネットに社食を載せたのがきっかけで、その会社が有名になったという事例は多いです。名も知れない会社が急に人気が出たというのは、不思議ではありません。

世間の注目を集めるのにユニークな社員食堂を取り入れている所もあります。名前が知られれば、企業のイメージアップの他にも収益の効果も得られます。

会社のポリシーや方針を取り入れた食堂を経営している会社もあって、見ている人に会社のイメージを根付かせるという役割も果たしています。

何よりも顧客に対して一方的に自社の商品を勧めているだけではなく、社員自身も健康を育むことができるように努めているというところが、そこの会社の商品の信頼度になるのです。

化粧品を買うときに、綺麗で健康な人に言われると納得できるのと同じ現象が起こります。会社を知らなかった人にも、一度試してみようという気持ちが生まれやすいです。資金に余裕があったり大きな事業の拡大を目指す場合には、効果的であります。

 

社員食堂の導入が人気な理由はたくさんありました。社員が満足して初めてクライアントや顧客に良い商品やサービスを提供することができます。満足度があがる社員食堂の導入も視野に入れていくことが、会社の将来にも繋がります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
社食サービス企業の口コミや評判