【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

社食サービスで人気のメニューはなに?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/04/02

社会で働く人たちが楽しみにする時間がランチタイムであり、お弁当を持参したり外へ食べに出かけることもできますが、社食サービスがある会社は大変便利です。

多くの社員が食べることになる食事ですから、人気のメニューのチェックもして好みの食事をすることができます。

日本人の国民食とも呼ばれるカレー

1つのお皿で白米と野菜やお肉にこってりしたルーの味わいまであるカレーは、多くの社食サービスでもゆるぎない人気メニューです。

一言で風味を表現すれば辛さが適度な刺激になりますが、5つの味が最高のハーモニーを醸し出しています。程よい甘さ加減に加えて軽い酸味に苦み、さらに日本人が好む塩加減と旨味が全て濃縮をされているためです。

三種の神器ともささやかれる3つの食材もたっぷり使った献立であり、ほくほくで食べ応えあるじゃがいもに加熱するほど甘さが増す玉ねぎ、にんじんの組み合わせは日本人の考案した材料です。これほどの国民食になるまでに広げたのは実は政府であり、子供のころの給食メニューや昔の軍隊食でも出されていました。

国民にとってみればとても身近な献立でありながら、どこか懐かしくて心もホッとする食べ物ですから、仕事の時にも食べたくなる人は多いです。

定食の鉄板不動の人気を確立している唐揚げ

ひと口噛めばサクッとした食感と中からにじみ出る鶏肉の油分に、思わず笑顔がこぼれるのが社食サービスでも定番人気のメニューの唐揚げです。

豚や牛でもなく鶏の唐揚げはまさに奇跡の美味しさであり、衣をつけたカットした鶏肉を揚げただけなのに驚くほどの旨味を醸し出してくれます。肉類の中でも低カロリーでありながら、下味をしっかりと付けて高温の油で揚げますので、食べ応えもあって美味しくお腹にも大満足です。

香ばしい香りにジューシーな肉汁と柔らかく噛みごたえ、それでいてお腹にはしっかりとたまるので、ランチに食べて午後の業務ももうひと頑張りする活力をもらうことができます。

カラッと揚げたてを食べるのは最高ですが、冷めても美味しいのが唐揚げの利点です。調味料や下味に何を使うかはそれぞれの料理人のレシピによりますが、どの社食で提供をしている唐揚げも期待を裏切ることがありません。

白米や味噌汁との相性も良いですし、ランチに唐揚げを楽しみにする社員も少なくはありません。

どの世代からも愛されるハンバーグ

小さな子供だけではなく大人の心も離さない肉料理のハンバーグは、社食サービスの種類でも人気の高いメニューです。

それ自体は茶色のオーソドックスなカラーですが、付け合わせとしてふかしたポテトやソテーされた人参、カラフルな温野菜がトッピングされるので見た目にも鮮やかです。

日本人風のアレンジとしてたっぷりの大根おろしを加えた、和風おろしも近年では注目が集まっています。ですがやはりトップは定番の味わいとなる、デミグラスソースを惜しみなく掛けて絡めて食べるのが不動の人気です。

こってり味が好きな働き盛りの世代にとって、チーズ入りも捨てがたく、照り焼きやトマトソースなどのお洒落な種類もあります。高級レストランでいただくように、ナイフとフォークを使用する必要もありません。社食でのお箸で簡単にカットできて、食べやすくてお腹にも満足の美味しい献立です。

生姜焼き定食や焼き肉などの肉類

腹の底から力を付けたいときに食べたいのが肉メニューであり、焼き肉や生姜焼きなどはまさに社食サービスでも人気を誇るメニューです。

値段的にも比較的安価でありながら多くの人の心を離さないのが生姜焼きであり、単に焼き色を付けるだけではなく、生姜や日本酒に醤油でしっかりと味を付けてから焼いていますし、たれとしてすり下ろした生姜やみりんに酒やしょうゆなどを使うひと手間も忘れません。

仕上がりまでには実に簡単なステップであり、それでいて食べれば力が出てくるパワー食です。同様に肉を焼くだけのレシピとなる焼き肉ですが、こちらも不動の人気ランチメニューであり、男性社員などはパワフルに仕事をしたいときにも好んで選びます。

女性でもトッピングにレタスやトマトなどたっぷりの野菜が付くことが多いので、お昼にお肉を食べて仕事を頑張ろうという気持ちにさせてくれる愛され料理です。

タレは市販の業務用を使用することもありますが、醤油に酒や砂糖に唐辛子、ニンニクやごま油にネギなどを使った自家製であることもあります。

ラーメンや焼きそばなどのボリュームある麺類

国民食の一つとして愛されるラーメンに、濃厚ソースで仕上げる焼きそばも、社食サービスでは人気を集める好まれるメニューです。

もともとは中国から伝わったのがラーメンですが、日本で食べられているものは日本人の舌に合わせて味付けがしてあります。最も一般的に愛されるのは醤油味であり、あっさりとした塩を好む人も少なくはありません。

日頃からこってりを好む人であれば豚骨はそれを裏切ることがないですし、日本人がこよなく愛する味噌を使った味わいも捨てがたいです。トッピングにはジューシーなチャーシューやメンマ、味がしっかりと付いた茹で卵や、半熟卵を乗せることもあります。

刻みネギをたっぷりとのせたり、海苔をプラスしたりすると一層味わいは豊かです。人によっては酢やラー油を入れたり、塩コショウをもっと入れたりする食べ方をすることもあります。出されたそのままを食べるのはとても美味しく、さらにテーブルに置かれた自由に使える調味料を加えて、味付けをアレンジして口にするのも悪くはありません。

加えて甘さと濃厚さがあるソースの焼きそばも、同じくらい日本人は好きですから、仕事の合間にも食べたくなる一品です。

サクサク衣のとんかつや天ぷらなどの揚げ物

お昼にはしっかりと食べて午後から始まる仕事でもうひと踏ん張りしたいなら、社食サービスで提供する人気のメニューのとんかつや天ぷらもおすすめです。

素材を特に選ばないのが天ぷらの良いところであり、サクサクの衣の中に包まれる様々な材料は栄養が豊富です。旬の野菜をいくつも使用していたり、白身の魚など意外とヘルシーな素材が多くあります。

カラッとした揚げたてを口に頬張ることで、体の芯から活力がみなぎるような感覚になりますし、付け合わせの味噌汁や漬物に白米も箸が進む元気食です。同じくらい好む人が多いのがとんかつであり、脂肪部分も多い豚肉を揚げてサクサクを口にする瞬間は、まさに仕事の合間のオアシスのような瞬間になります。

山盛りのキャベツが揚げたお肉を食べることの罪悪感を払拭してくれますし、一緒についてくる味噌汁や野菜の和え物などのおかげで、トータル的に健康的な食事ができるのも利点です。ランチに揚げ物を食べておくことで、午後からの仕事に入ってもお腹が鳴る心配もなく、やる気もみなぎってきます。

社員満足度を向上させるためにも社食サービスを提供する企業は増えていますし、味わいに関しても外で食べるものと変わらぬほど美味しいことがほとんどです。

食べ応えもありながら栄養バランスも考えられていますので、優秀な社員を支えるためにも一役買うサービスと言えます。


おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
社食サービス企業の口コミや評判