2021/11/24 2022/01/04

どこでも社食

昨今さまざまな企業が社員食堂を導入していますが、やはり多額の費用が掛かるため、一部の大企業に留まっているのが現実です。そのようなことを踏まえどこでも社食が行っているのは、自社で社員食堂の設備を持たない企業でも、近くの飲食店を社食として利用することができるサービスです。今回は、どこでも社食の特徴などをご紹介します。

提携しているレストランを社員食堂として利用可能

社員食堂の魅力

社員食堂は外食やお弁当よりも費用が抑えられ、健康に配慮したメニューが揃っているのが魅力でもあります。そのため従業員にはとても人気があり、企業にとっても社員のモチベーションがアップするのは望ましいことです。そして社員食堂のような食事補助の福利厚生制度は、従業員の間で求められています。

食事補助制度のメリットは、ゆっくりと外食する機会が増えることで、コミュニケーションの活性化にも繋がるということです。節約に重点をおいている従業員は健康的な食生活を送れていないことが多く、それを改善するためにも社員食堂の役割は大きいです。このようなことから社員食堂を導入する企業は増えているのですが、先に述べたように多額の費用が掛かるので、実現させるのが難しい企業が少なくありません。

どこでも社食のサービス

社食サービスは決まった時間にオフィスにお弁当を届けたり、販売員が来社して対面販売をしたり、またランチの時間に給仕してくれる提供型、専用の冷蔵庫などを設置する設置型があります。

しかしどこでも社食が考えたのは、社員食堂を作らなくてもすべての企業が従業員に食事補助制度を設けられるサービスです。2017年のサービス開始以降、さまざまな企業が福利厚生として採用し活用しています。提携しているレストランを社員食堂として利用することができるので、従業員は好きな食事を選ぶことができます。加盟店も多く、ラインナップが非常に豊富なため飽きることがありません。

利用することで、社内コミュニケーションの活性化や従業員の働く環境向上、従業員満足度向上に繋がっています。さらに優秀な人材の流出阻止にも繋がり、多くの企業がどこでも社食に注目し導入を開始しています。

スマートに会計できるスマホ決済システム

従業員がどこでも社食の提携店舗で食事をした際には、現金で支払う必要はありません。会計はスマホ決済システムを使用しますので、従業員の一時的な立て替えは発生しないことになります。現金を用意することなく、銀行に行く手間も省けます。企業側としても従業員の立て替えの経費計算をする必要がないうえ、アプリを経由して利用データが自動で取り込まれるのは効率的であると言えるでしょう。

料金について

料金については従業員数や食事補助の金額に応じたプランがあり、企業ごとのプランを提供していますので、無理のない範囲で運用することができます。初期費用や月額料金などの詳細は分からないので、公式サイトにアクセスし問い合わせをする必要があります。

豊富な加盟店舗

株式会社シンシアージュが運営するどこでも社食に加盟する飲食店の店舗数は1,000店に到達しており、企業の福利厚生サービスとして需要が伸び続けています。

ラインナップが豊富

どこでも社食には、全国チェーンのファミリーレストランや中華料理、ステーキ店など、さまざまな飲食店が加盟しています。そのため非常に豊富なメニューから好みのものを選択することができます。人それぞれ食の好みは異なりますが、ラインナップが豊富であるというのは、毎日飽きることなく食事を楽しめるということです。ブランド力のある加盟店が多いため、味や衛生面においても品質は保証されています。従業員の健康管理を促進させるには食の安全も要となってきますから、品質保証はとても重要です。

色々な取り組み

さらにどこでも社食は多数の加盟店があるだけでなく、店舗ごとに新メニューを常にリリースしています。このような取り組みをすることで、メニューがルーティーン化せず飽きてしまうことを防ぎます。また導入企業の場所によっては、近隣に提携店舗が数店舗しかないということもあります。このような場合の対策として、企業からの要望に合わせて個別に開拓することも検討します。これによって従業員が食事に飽きてしまうことを解消し、お気に入りのお店を社食として利用することが可能です。社員食堂が完備していない企業でも、どこでも社食を導入することによって、企業としても節税になっており経理処理も簡単に行えます。

社員食堂がない企業では、パンや軽食でお昼を済ませている従業員が少なくありません。どこでも社食を導入した企業は、バランスの取れた食事が取れるようになったことを実感しています。どこでも社食の加盟店は増え続けており、導入する企業も今後さらに増えていくでしょう。食事は健康維持に大切であり、生活の中の楽しみの一つでもあります。そしてランチを楽しむことで、仕事に対してプラスに働くに違いありません。

こだわり別!
おすすめの社食サービス3選

関連する企業一覧