【福利厚生に人気!】社食サービスをランキング形式でご紹介!食事・ランチ補助と合わせてオフィスコンビニ・仕出し弁当も比較!

オフィスグリコの画像

おすすめポイントリフレッシュにぴったり!小腹を満たすちょうどいいお菓子

「オフィスグリコ」は日本人なら誰もが知っているお菓子のグリコが提供する社食サービスです。

グリコと聞いて道頓堀のグリコのマークを思い出す方も多いでしょう。

時代が変わっても不動の人気を持つグリコのお菓子。

そのグリコ商品が、オフィスにあったらどうでしょうか?

グリコのチョコレート、スナック菓子、アイスクリーム、飲料など種類豊富なグリコのお菓子がオフィスで楽しめるとなると、オフィスの空気が明るくなりそうな印象があります。

グリコの商品がオフィス内で楽しめるとしてオフィスグリコの導入企業は多く、オフィスグリコのお菓子ボックス「リフレッシュボックス」の設置数は、全国13万台以上、売り上げは53億円を超える大人気置き菓子サービスです。

置き菓子は食事ではありませんが、従業員に人気の福利厚生の1つであるのは事実。

そのオフィスグリコの特徴をご紹介します。

グリコの人気お菓子がオフィスで手軽に食べられる!

お菓子以外にアイスクリームも食べられる!

オフィスグリコ導入メリット①

オフィスグリコの画像

オフィスグリコを企業の福利厚生として導入するメリットとは何でしょうか。

それは、オフィスグリコをオフィス内に置くことで、オフィス内で従業員がリフレッシュしやすくなるという点ではないでしょうか。

オフィス内の空気が張り詰めたままでは良い仕事は、出来ませんよね。

良い仕事をするためには、オフィス内にメリハリが必要だと思います。

予防医学研究者の石川善樹さん著書の「仕事はうかつに始めるな」の中に書かれていましたが、人間が1日のうち、高い集中力を発揮できるのは、たったの4時間が限界だそうです。

4時間も持続して集中できる人は稀で、大半の人は1時間集中することも難しいそうです。
集中力が低下したと自覚したときに、ちょっと休憩をしたり頭をクリアにした後に、仕事を再開させた方が仕事が捗りますよね。

けれど、なかなかそのちょっと休憩を取りにくい環境が多いように感じます。

「オフィスグリコのお菓子でちょっと休憩しようよ」

と声を掛け合い適度にちょっと休憩を取りやすい雰囲気を作りやすくなるのではないでしょうか。

職場の同僚への気遣いとしてオフィスグリコのお菓子を差し入れたりということもできます

オフィスグリコ導入メリット②

オフィスグリコの画像

ランチタイムに弁当を食べても、夕方には小腹が減ることありますよね。

小腹が減ったからといって、仕事中にお菓子を買いにオフィスから出るわけにもなかなかそうはいきません。

小腹が減ると、これまた集中力の低下につながってしまいます。

疲れた脳に甘い糖分、チョコレートなどを口にしたくなる人も多いのではないでしょうか。

オフィスグリコを導入していれば、オフィス内の豊富な種類のグリコ商品が置いてあるので、わざわざお菓子を買うためにオフィスから出なくて済みます

オフィスにいながら、美味しいお菓子で手軽にリフレッシュできるとあって、社内の雰囲気もよくなるのではないでしょうか。

オフィスグリコ導入デメリット

オフィスグリコは働いている中で、よい気分転換となるのであると嬉しいのは山々ですが、やはりお菓子が中心であるため、健康面では心配な部分があることが考えられます。
特に、お菓子を食べつつの「ながら仕事」が習慣化してしまうことが懸念されるため、自身で自制するか、企業の方でルール化するなどしてリムーブするとよいでしょう。

また、これはグリコ側が主に負うデメリットなのですが、無銭飲食が起こってしまうオフィスも残念ながらあるようです。そうなってしまっては社内の風紀の乱れとなるので、グリコだけのデメリットでは済みません。

対策としては、オフィスグリコを人目につく場所に設置するだけでも効果が上がるそうですので、導入の際は参考にしてみてください。

(※オフィスグリコはキャッシュレス決済対応も始めたようですので、便利な上に安心ですね!)

初期導入費設置費無料でグリコ商品を100円から提供

オフィスグリコの画像

グリコオフィスは、導入費用、設置費用は無料です。

冷蔵庫を利用する場合のみ、冷蔵庫の電気代だけ企業が負担します。

どのくらいの期間利用しないといけないといったような事はないので、気軽に始められるのも魅力のひとつ。

方法はとても簡単です。

グリコオフィスのスタッフが企業のオフィスに定期的に来て、グリコ商品の入ったボックスや冷蔵庫にグリコ商品の補充をしてくれます。

グリコスタッフの訪問日が、土日祝日や企業の休日の場合は、予定していた日とずれる場合もありますが、補充は基本的に週に1度が目安。

お菓子の賞味期限は案外長いので油断しがちですが、オフィスグリコのスタッフが補充の際にしっかり賞味期限も確認しますので安心です。

オフィスの従業員は、利用したお菓子や飲み物の代金をお菓子の入ったボックスや冷蔵庫近くにあるカエルの貯金箱に入れて購入します。

貯金箱がカエルなのはなぜか、その理由が気になる方も多いようですが、貯金箱前面からお金を入れるタイプの貯金箱でよいものがあまりなく、オフィスグリコの事業開発担当者が子供のころに持っていた記憶のあるカエルの貯金箱をもとに考え出したとか。

グリコ商品は1個100円(一部150円や200円の商品もある)で購入できるので気軽に購入してリフレッシュに活用できます。

入っているお菓子の分量も、適度な多さという印象を受けますね。

また、コンビニで購入するより、お手軽に食べられるのも嬉しいかもしれません。

オフィスグリコの画像

オフィスグリコ

リフレッシュにぴったり!小腹を満たすちょうどいいお菓子

公式サイトで詳細を見る

商品メニューのご紹介

オフィスグリコでは、チョコレートにビスケット、スナック菓子に米菓、ガム、アイスクリームや飲料品といった、多岐に渡る商品を取り扱っています。中には栄養補助食品まであり、軽食としても利用できる面も。
以下は商品の一部になります。

・プリッツ/ビスコ/かるじゃが
オフィスグリコの画像
・ポッキー/カプリコ/神戸ショコラ
オフィスグリコの画像

その他…ジャイアントコーン/パピコ/コメッコ ホタテ味などなど

またこのほかに、「働きがいサポートセット」という、お菓子のバラエティーパックのような商品が、2019年12月9日より発売されます(ちなみに箱のパッケージデザインはヨシタケシンスケ氏によるもの)。
内容はビスコ(小麦胚芽入り)やポッキーチョコレート、プリッツ(旨サラダ)、GABA(ミルク)、アーモンドグリコといったラインナップになっており、主に会議などのオフィスシーンに活躍することが考えられるでしょう。

導入利用実績

グリコのロゴ画像

オフィスグリコのリフレッシュボックスの設置数は、全国13万台以上にも上り、売上を53億円に伸ばしているというのは冒頭でもお伝えしました。

グリコはオフィスグリコのサービスを開始する当初、購入層のほとんどが女性になるものと見込んでいたようです。しかし実際の購入層の7割は男性で、利用シーンにおいて男性にとって価値があったのだとか。

また幼児向けの菓子であるビスコは、意外にも3、40代の男性からの人気が高く、これはこの年代の男性が少年時代に食べたという背景もあり、売上に繋がっているのだとか。

ちなみに東日本大震災以来、オフィスグリコを循環型備蓄品として利用する動きもあり、これは保存の利く食品を取り揃えているサービスならではのニーズと言えるでしょう。

気になる健康面は?オフィスの生産性は上がる?

オフィスグリコの画像

オフィスグリコは、導入費用無料で、企業は冷蔵庫を使用する際の電気代のみの負担ですので、とても手軽。

サクッとおやつを手にできるので、従業員のリフレッシュをした福利厚生としてオフィスグリコを導入するならば、おすすめと言えるでしょう。

しかし従業員の健康面を考えた企業の福利厚生となると、お菓子では不安が残りますよね。

従業員の健康管理を大前提に考えた場合、やはり普段の食生活のサポートが不可欠でしょう。

そうなると、私は従業員の福利厚生として社食サービスを導入することをおすすめします。

お菓子は確かにリフレッシュできるのですが、空腹を多少満たすことは可能でも、結局は食事の代替にはなりません。

そうなるとお菓子ではなく、オフィスおかんの様な社食サービスが、従業員の健康管理としておすすめと言えるでしょう。

人間は、きちんとした食生活を送ることで、健康につながります。

健康な体があってこそ、集中力も上がりオフィス内の生産性が上がるというもの。

また、昔から「同じ釜の飯を食べた仲間」という言葉がありますが、オフィス内で従業員同士がランチタイムを共に過ごし、共に食事をすることで社内コミュニケーションが生まれるとは考えられませんか?

オフィス内にリフレッシュスペースや食事スペースがあれば、ランチタイムに従業員が集いますよね。

普段会話をすることが無い他部署の従業員同士でもお互いの業務内容を話すことで、お互いを知り距離を縮めることもできます。

総合的に考えると、オフィスグリコは、手軽なリフレッシュとして最適ではあるので、社食サービスとはまた違った活躍をすることでしょう。

オフィスグリコを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

休憩スペースの一部に。

オフィス内の休憩スペースにあります。

休憩スペースではお菓子を食べる人、お昼を食べる人、旅や出張のお土産を置く人、少し(がっつり?)お昼寝する人…自由に過ごしています。

引用元:https://www.wantedly.com/

→仕事中少し小腹が空いたなという時に便利なのがオフィスグリコです。

システムとしては、グリコ商品が入ったBOXや冷凍冷蔵庫をオフィスに設置し、商品を取り出したときに、近くにある貯金箱にお金を入れます。

料金もほぼ100円なので、100円玉1枚あれば買うことができます。

わざわざコンビニに行かなくてもお菓子などを買えるので手間をかけず、小腹を満たすことができますよね。

補充も品切れになる前に行ってくれるので、商品がないということがないでしょう。

みんなのおやつに

すぐ近くにコンビニがないので、便利に活用している。

引用元:https://www.wantedly.com/

→残業の時など、ちょっと甘いものが食べたくなることってありますよね。

近所にコンビニがあれば、気分転換がてらふらっと買いに行けるかもしれませんが、そうでない場合、わざわざお菓子だけ買いに出かけるのはおっくうだし、時間がもったいない。

そんな時にオフィスグリコがあると、外に行かずに小腹を満たすことができて非常に便利です。

オフィスグリコだけは買う

普段は滅多にお菓子を買わない私ですがオフィスグリコだけは買います。

理由はただ一つ。『欲しいと思った時に直ぐに手に入るから』です。

ECでは超えられないリアルの壁です。

引用元:https://tsuiran.jp/

→こちらの投稿者さんのように、普段お菓子は食べないという方でも、あるとついつい買ってしまう、オフィスグリコ。

お菓子はコンビニで買うと結構高く感じますが、オフィスグリコはほぼ100円で買うことができるので、お財布的にも嬉しいですよね。

オフィスは完全キャッシュレス。

オフィスは完全キャッシュレス。オフィスグリコもpaypayで払えるとは便利な時代になったものよのう。Coke ONで自販機もクレカ払いできるのも地味にスゴい

引用元:https://twitter.com/

→グリコほどの大企業なら当然の流れでしょうが、キャッシュレス決済ができるようになったのも、時代の動きに柔軟に対応してのことでしょう。このような支払い方法に対応しているのは、他の無人オフィス販売サービスも同じことですが、競合他社含め、できればPayPay以外にもキャッシュレス決済のバリエーションが増えてくれれば…とも思ってしまいます。
とは言え、より利便性が向上しているのは、間違いありませんね。

オフィスグリコでビスコ買ったらメッセージ付きだった。

オフィスグリコでビスコ買ったらメッセージ付きだった。お疲れ様ですと、私が言われてるようだ… ほんのきもちです、は後輩にあげた。

引用元:https://twitter.com/

メッセージ付きのお菓子は今や珍しいものではないかもしれませんが、オフィスに直で導入するサービスを提供しているグリコだからこそ、この計らいは消費者に響くのかもしれません。ビスコの小分けの包装は、ほんのおすそ分けにもちょうどいい分量ですし、袋ひとつひとつに違うメッセージが振ってあって、従業員同士で励まし合うのを想定して作っているのかな、とも思えます。
またビスコは乳酸菌を含んでいるので、チョコやスナック菓子よりも罪悪感を覚えなくて済みますね。

オフィスグリコの会社情報

■会社名:江崎グリコ株式会社
■所在地:〒555-8502 大阪府大阪市西淀川区歌島4丁目6番5号(本社)
■連絡先:0120-917-111
■営業時間:9:00~18:30(土日祝定休)

■オフィスグリコへのアクセス
住所:〒555-8502 大阪府大阪市西淀川区歌島4丁目6番5号
最寄り駅:塚本駅

グリコの人気お菓子がオフィスで手軽に食べられる!

お菓子以外にアイスクリームも食べられる!

              
               
      
サイト内検索
記事一覧

社食サービスおすすめ人気比較ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名オフィスおかんオフィスでやさいオフィスグリコOFFICE DE GOHAN
(オフィスでごはん)
みんなの食堂
おすすめポイント導入者数は約1,500社を突破!大人気の「置くだけ」社食サービスいつでも新鮮な野菜が食べられる!手軽でヘルシーなオフィスライフリフレッシュにぴったり!小腹を満たすちょうどいいお菓子食材にこだわりたい方におすすめの社食サービスみんなでわいわい食べられるデリバリー型社食サービス
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく